NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTONOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO

KYOTO

野村不動産グループが手がけるNOHGA HOTELブランドの3軒目となる関西初のホテルです。UDSでは、ホテルコンセプトと体験プログラムの企画、客室と共用部のインテリアデザイン、客室FFEを担当しました。

清水焼発祥の地である清水五条に位置する当ホテルでは、ブランドが目指す「地域との深い繋がり」を念頭に、地域の歴史や文化を紐解きながら、時代のニーズに合わせた空間をデザインしました。「和える」をデザインコンセプトに、京都の伝統技術を用いながら、現代のライフスタイルに合わせた居心地の良さをデザインに落とし込んでいます。

町家のように細長い形状の客室には、窯元と協働で製作した清水焼の照明を設置し、ミニバーやヘッドボードには西陣織に使われている箔を用いて、格式を感じさせる設えとしました。また、紫にかすむ東山と澄み切った鴨川の流れを表現する「山紫水明」を素材やカラースキームとし、ロビーから客室へ連続性のある空間としました。

地下には建仁寺塔頭「両足院」伊藤氏による瞑想プログラムが体験できるメディテーションルームを用意し、研ぎ澄まされた空間の中で、柔らかい光に包み込まれて宿泊客は自分と向き合うことができます。

インテリアデザイン:UDS+Dugout,LLC
撮影:矢野紀行写真事務所

OUTLINE
所在地
京都府京都市
用途
ホテル
敷地面積
2,514.03㎡
延床面積
8,966.18㎡
規模
207室 / 地下1階、地上6階
構造
鉄骨造 
竣工年
2022年